岡山県 訪問看護の状況|岡山市・倉敷市の訪問看護・リハビリなら『訪問看護リハビリステーションみつや・MITSUYA岡山』にお任せ下さい

みつや MITSUYA岡山

  • 年中無休
  • 0864417940

    0862120880

    [受付時間]8:30~17:30

  • お問い合わせ

みつやブログ

岡山県 訪問看護の状況

未分類 

倉敷の訪問看護リハビリステーションみつやです。

表題の件ですが、

平成28年に岡山県で発足した訪問看護事業者数は14社あったそうです、ご存じでしょうか。

以前は全国レベルで「通所介護」の新規参入が相次ぐ状態となり、その結果撤退するという事業者は今もなお少なくありません。

同じようなことが「訪問看護」でも起こりえる状況下になってきました。

「通所介護」程「色」が付けにくい、

訪問看護のすべきことは一つしかありません。

「理念」の確立です。

みつやの理念は

「0nehappiness」

個々の幸せの創造です。

それに向かい、

看護師やセラピストが足並み揃えてその「目的」の為に従事しています。

「理念」は働き手の心情に大きな影響があります。

その理念が強固なものであれば、

一人一人の訪問スタッフが「色」へと変わります。

ケアマネさんやご利用者からも

「みつや」のスタッフはやはり違うねと言ってくれるようになります。

会社の「理念」を背負ったスタッフの言葉や行動、スキルは「理念」が漠然としていては良い物は生まれません。

「訪問看護」

今後も長い期間、県や地域にニーズをもたらす事業です。

しかし、どのような事業でも「お客様の為に」という必須な部分が抜け落ちていては、

成り立つものも成り立たないのです。

高齢者や障害者が増えているから、多分成功するだろう・・ではなくて、

高齢者や障害者がいつまでも住み慣れた地域で、そして大好きな我が家で過ごす為に

「何ができるか」

を探求し実行する。

訪問看護で看護ケアを、訪問リハビリでリハビリを。

これはこの事業を行っている以上、

当たり前のことなんです。

この当たり前の中に

看護師しか訪問することが出来ないのだから、セラピストの資格がないとリハビリ出来ないのだから、

と自分の資格に誇りを持ち、

利用者お一人の「幸せ」を全力で創るという目的をしっかりと持つべきです。

みつやは

「24時間対応」「365日定期訪問」「精神科訪問看護」「訪問リハビリの充実」「職員数」「通院同行サービス」

等、様々なサービスを導入しています。

しかこれは「手段」であって、

「特色」ではありません。

あくまでも訪問看護における「特色」はスタッフなんです。

あなたのお家にお邪魔する、あなたのお体に触れる、あなたのご家族と話す

「人」に対して「人」が行う事業に

「人」以上の特色はありません。

倉敷の訪問看護は倉敷を守ります。

 

今後ともよろしくお願い致します。

 

光畠

 

 

 

 

 

 

 

ページトップへ戻る